2014年08月02日

母の誕生日

100歳の詩人・柴田トヨさんの詩から
・・・・・・・・・・・・・・・・・
倅に 

何か
つれぇことがあったら
母ちゃんを 思い出せ

誰かに
あたっちゃあ だめだ
あとで 自分が
嫌になる

ほら 見てみなせ
窓辺に
陽がさしてきたよ
鳥が 啼いてるよ

元気だせ 元気だせ
鳥が 啼いているよ
聞こえるか 健一
・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、母の誕生日。
生きていたら、何歳になっていたんだろう?
この詩は、トヨさんが、息子の健一さんを想った詩。
この詩を読んだ時、私の母と、重なった。
posted by しの at 23:44| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
良いお母さんだったんですね(^_^)

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
Posted by Erie at 2014年08月03日 10:33
ERIEさん。ありがとうございます。
昔の母ちゃんは、皆、苦労の連続だったんですよね。
そんな(時代)だったのかもしれません。
Posted by Chinon at 2014年08月03日 15:51
良い詩ですね(*^^*)
Posted by チョナン at 2014年08月04日 21:55
親孝行、したい時には、親は、なし。
チョナンさん。
お父さん、お母さんを大切にしてください。
Posted by chinon at 2014年08月05日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: